未経験でもCRAへの転職は可能?

CRAは臨床開発モニターとも呼ばれ、医療機関を主な職場とします。

近年CRAのニーズは非常に高くなっており、それに呼応してCRAへの転職を考える人も増加傾向にあります。

転職に際しての現状認識と見通しについてお話ししておきましょう。

▽CRAの仕事について。

新薬の開発が相次ぎ、治験の要請が倍増していることから医療機器の開発は昔に比べ大分スピード化されているのですが、それら治験が実施されている総合病院・大学病院などの現場に行って、治験が正しく実施されているかをモニタリングする仕事がCRAです。

▽慢性的な人材不足にあるCRA。

CRAは現場に行って治験の適正を見極めた上、そのデータを回収するというのが主な仕事になります。

簡単なように思えますが、医学的な知識や医師とのコミュニケーション能力など多くの能力が必要となります。

一朝一夕に即戦力となれるわけでもなく、かなりのキャリアが必要となるため、慢性的な人材不足の傾向にあることは確かです。

「転職するならCRAがいい」と言われるのはそのためです。

▽CRAへの転職がいいといっても、転職前の職業が何かによって判断が異なります。

医療や治験に無関係な人には無理の多い転職先です。

CRAは極めて専門的な職業なので、医療や医薬品についての知識は最低限必要になります。

安定した職業ではありますが、未経験の人が転職するにはハードルが高すぎます。